野口 和範 たいようで働く弁護士をご紹介します。ひとりで悩まず、まずはご相談ください。

野口 和範
弁護士 野口 和範 KAZUNORI NOGUCHI 経歴

平成17年 東京大学法学部第1類卒業
平成19年 東京大学大学院法学政治学研究科
     法曹養成専攻卒業
平成20年 弁護士登録(愛媛弁護士会)
愛媛弁護士会所属


 
持っている資格・役員など 

日本弁護士連合会民事裁判手続きに関する委員会委員
公益社団法人松山青年会議所正会員
以上、28年2月現在
得意なご相談の分野・興味のある分野について

交通事故、労働事件、知的財産事件、建築紛争、高齢者・障害者に関する問題
弁護士である上での志

愚直といわれても、1つ1つの事件に誠実に取り組んでいきたいと思います。
弁護士を目指した理由

高校の文化祭で高校のOBの弁護士の講演を聞き、正義の実現について熱く語る姿を見て、弁護士という
仕事に興味を持ち、法学部へ進学しました。
大学、法科大学院を通じて法律を学ぶなかで、法的サービスを通じて社会に貢献し、明るい豊かな社会を
実現したいと思い、弁護士となりました。
出身地

愛媛県 松山市
趣味・休日の過ごし方について

昔はオリエンテーリングというスポーツをしていました。最近は、たまに読書をする程度です。



子どものころに好きだった遊び・よくしていた遊びについて

小学生のことはよく魚釣りをしていました。

他の所属弁護士の紹介へ